妊娠後期に新型インフルエンザ感染

いつの話やねーん!
とツッコミが入りそうですが…
2009年は新型インフルエンザが大流行しましたね。
私も例外ではなく…
予定日の2週間前に新型インフルエンザにかかってしまいました。

幼い頃はわかりませんが、
物心ついてからインフルエンザ判定されたことがなかったので
本当に驚きました。

症状は…
38℃超えの熱とひどい鼻水
熱で苦しんだ記憶はないですが
止めどなく流れる鼻水に苦しんだのはよく覚えています。

お医者さんに元気なインフルエンザ患者だね~
って言われるぐらいでした(笑)

予定日間近だったので薬が赤ちゃんに影響することはないだろうと言われましたがタミフルは飲まず、漢方薬で何とかのりきりました。
何の漢方薬だったかは…忘れてしまいました。。。
その後、ひどくなることはなく熱はすぐに下がりました。
ただ鼻水は2,3日は続いていました。

いつ陣痛が来るか分からないし、健診もあったので
産婦人科にはインフルエンザにかかったと連絡を入れておきました。

インフルエンザにかかって一週間後…
予定日の一週間前に第一子の男の子が無事に誕生しました!

インフルエンザにかかって一週間たっていましたが、
産後は念のため少し離れた病室へ。
でも熱や風邪症状はなかったので通常通り母子同室に。

そして次の日には一般の病室に移動することが出来ました。
下半身の痛みに耐えながらの移動がすごく辛かったのを覚えています。

初めての出産を控えてドキドキだったところに
インフルエンザにかかってしまって不安で不安で…
何事もなく無事に生まれてきてくれて本当に良かったです。

妊娠中も授乳中も免疫力が落ちるようなので、
人一倍気を付けたいですね。

インフルエンザを一緒に耐えてくれた長男も10歳

手のかかる時期を乗り越えて
何事もなく大きく成長してくれています☆